みえけん すずかし SUMレコード

絵の具模様

初期作「歌置き場」どえすよ!
かつて話題となった歌です!
特に注釈がないものは、作詞・作曲・編曲・歌ともあいそる。
あいそる(愛のソルジャー・ブラザーズ)の歌を試聴してください!

近年の歌は、YouTube様にて「あいそる」で検索してください!

以下は音声です。きれいに聞けます!
PR【CMソング制作】激安!


僕等の歌が風にのって
あいそるのデビュー曲。キングレコードから全国発売された。今は廃盤。このバージョンの編曲は柴山健一さん。(CDより)

夜をこえて…
「僕等の歌が風にのって」のカップリング。編曲は柴山健一さん。「こっちをA面(メイン)にすれば売れたのに」と当時よく言われた。(CDより)

大家の娘
「あいそると言えば、この歌」と言われる。ライブの盛り上がりを曲の後半でどうぞ!(CDより)

ペンギンのぬいぐるみ
かつて東京FM様の番組「ストレイト・アウト・トーキョーSUN」の「発掘!アングラミュージック」というコーナーで流していただい曲! 同番組の司会はRIP SLIME(リップスライム)さんでした。(CDより)

カミは無かった
95年前後が青春時代だった鈴鹿市民の皆さんには懐かしい! 幻のライブバージョン。(CDより)

あした春になれ(歌☆金澤桂子)
こんな素敵なラブソングを作ったことも。歌手は、テレビドラマやCM、舞台にとマルチな活動をされている、金澤佳子さん。(CDより)

湯の街旅情
あいそるは演歌も得意ジャンル。この歌はCD「西区浄心一丁目」のカップリングで阪根将貴さんが歌った歌を、あいそるがセルフカバーしたもの。作詞・作曲あいそるで、編曲は室内楽の作曲家として有名な坂野嘉彦さん。「坂野さんが演歌の編曲なんて!」という意味でも異色作品。

わくわくマイ・フレンド
あいそる自身、自作の歌の中でも、なかなかお気に入り。「これはいい編曲だあ」とか思ったりする。ベースとかピアノの入り具合が。

さよならのメロディ
かつて桑名の某学校でライブをさせていただいた際、その時のお客様だけに配布するために作成したCDのメイン曲。1回のライブのためだけにCDをプレスするという贅沢なことを、昔はしていた。(CDより)

夢現〜ゆめうつつ〜
基本的には自分で歌を作るあいそるが、珍しく他のアーティストの歌を歌った。作詞作曲は古代あやこさん。「CDで歌わせてくれい」と古代あやこさんに頼んだら、何の謝礼もなしに了解してくれた。古代あやこさんは、コンスタントに名古屋でライブをやってる。あいそるも、かつては名古屋でライブをやっていたが、根性が無くて続かんかった。あぁ、そう言えばこの歌もCDの中で1回歌っただけで、ライブで歌ってないな〜。(CDより)

「VAMP」のうた
ゲームセンター「VAMP」さま(名古屋市中川区)の店内用BGMです。

「LOOP」のうた
ゲームセンター「LOOP」さま(岐阜県羽島郡岐南町)の店内用BGMです。四日市市にも同名のゲームセンターがありますが、同じ系列とのことです。

ふたりに戻ろう(歌☆大橋孝彦)
あいそると古くからの友人の大橋孝彦さんが、あいそるの作った歌を歌ってくださいました! 一発録音で。

ふたりに戻ろう
上の歌をあいそるが歌ったバージョン。この歌は、あいそるが作った歌の中で、「一番いい」と思っているもの。あいそる自身がCDで歌っているバージョンのあるが、それは演奏のテンポが遅く、さえない。こちらのバージョンが正規(しかしCDにはなっていない)。他にも、「ブライト」というグループで歌ったCDもある。それはまたいずれ。

明日から…
いわゆる“島唄”ですう。沖縄の方も大満足の!(CDより)

もやしを入れたい
この歌、まさに4畳半フォークのクサワケ。(CDより)

ラブソングというもの
かつてTBS様の番組「バク天!」に投稿して、流していただいた歌。井上和香さんに捧げるラブソングの“二番煎じ”!


絵の具模様


CMソング作曲が激安!


SUMレコード表紙

絵の具模様